車間距離の取り方

近年、自動車はますます普及し、一般にも広く保有されています。それゆえ、一家に一台どころか、今や、一人に一台という世帯も少なくありません。そうしたこともあり、買い物やレジャーの移動手段として、また、生活の足として親しまれるようになってきています。しかし、その便利さがある一方、常に交通安全への意識をしっかりと持つ必要があります。
その交通安全をキープするのに、大事なことの一つに車間距離を適切に保つということが挙げられます。もし、車間を十分に空けていなければ、前方の車の急ブレーキ等で交通事故につながってしまうこともありえます。それどころか、車間を空けずに交通事故を起こした場合、前方不注意と取られることもありますし、前方の車をあおったとして危険運転と取られる場合もあります。事故の加害者になっても被害者になっても、結局は不快な感情しか残らないため、普段の生活における自動車運転時には車間を十分に空け、交通安全に努めるということを意識しておいた方が良いでしょう。
自動車運転は交通心理学の観点からも事故の危険性が高いものです。自分でできる安全方法は、なるべく実践した方が良いでしょう。それが自分自身を守ることになり、ひいては家族を悲しませないことにもつながるものでもあります。

Comments are closed.