高速道路の料金について

高速道路の料金は一般的に距離によって変わります。
距離が長ければ長くなるほど料金が上がっていく仕組みです。
現在一部区間で社会実験として高速を無料で開放している区間があります。
近年ではETCシステムの導入によって、高速の料金をノンストップで支払う仕組みが完成しました。
これにより、渋滞の緩和が期待されていますが、一方で細かな料金システムを作ることも可能になりました。
例えば様々な割引制度の導入です。
この割引制度の導入はETCの普及を目指して設けられてものですが、今でも割引制度は続いています。
主なものが夜間割引や通勤割引です。
通勤時間帯や夜間になると最大で半額近くの割引ができます。
また、このようなETCの導入によって乗り継ぎなども比較的手間がなくて済むようになりました。
高速の乗り継ぎで一度高速を降りて、再度別の高速に乗らなければならないことがあります。
この時に乗継券が必要で、その券を取り忘れたりすると余計なお金がかかってしまうこともありました。
しかしながらETCの導入によって、乗継券が不要になり、簡単に乗り継ぎができるようになったのです。
このように、ETCの導入によって高速料に様々な割引や便利な仕組みが付加されるようになりました。

Comments are closed.