高速道路のルール

高速道路では守っておくべきルールがいくつかあります。
やはり車が高速で走行するため安全が第一のルールとなります。
まずは車間距離を十分に取ることです。一般道とは違います、80キロ以上ものスピードで走るためそれなりに車間距離が必要です。一般的には高速では時速と同じメートル、例えば時速80キロなら80メートルはとるようにします。
ただ雨天などの場合はスリップなどの危険もあるのでやや長めに車間距離をとります。
またあらかじめよく渋滞する場所がわかっている場合は手前から十分に車間距離を取っておくようにします。渋滞を見つけたら早めにハザードランプを出すと後車にも知らせることができます。
夕暮れなどのライト点灯は早めに行います。
万一追突するようなことがあれば運転席よりも後部座席に乗っている人がフロントガラスを突き破ってしまうこともあります、必ず後部座席もシートベルトをします。
同じ速度で走行するために、慣れから注意力が落ちてきます。1時間から2時間に一度休憩を取るようにします。
高速は走行車線と追い越し車線があります。基本的には走行車線を走り、追い越し車線は追い越すときだけ利用し、追い越したあとは走行車線に戻るようにします。

Comments are closed.